+++topics(各行事の終了報告) 平成25年度           TOPへ戻る     △Eventへ戻る            


 親子の冬休みアレンジメント工作会
◆平成26年1月19(日)

◆母子寡婦福祉センター
 冬休み「アレンジメント工作」が行われ、親はアレンジメントフラワー子どもはリースを作りました。冬休みの自由研究にも出来る素敵なリースが出来ました。

うまくできるかな?

スイートピーは幸福感、安眠効果があるそうです。

皆さんなかなかの出来栄えです。



 新年のつどい
◆平成26年1月17日(金)

◆ロイトン札幌

◆参加者 合計144名
 行政機関や関係団体を招いて、新年のつどいを開催しました

今年もたくさんの会員さんが来て下さいました。

じゃんけん大会の代表者決めです。
ここでも小さな戦いが始まっています。

たたいてかぶってじゃんけんぽん。白熱した戦いが繰り広げられました。

ビンゴゲームもしました。
リーチはたくさんできるのですが、なかなかビンゴにならない様です。

続々とビンゴの景品を受け取りにきてます。

あっという間の楽しい2時間でした。



第14回 ひとり親家庭クリスマス会
◆平成25年12月23日(月)

◆社会福祉総合センター
       4階 大研修室

◆参加者  合計 218名
 <プログラム>
  みんなでダンス・カーニバル(輪投げ、釣り堀、ストラックアウト)・みんなでゲーム(お玉リレー)・
  みんなでうたおう・サンタさんからのプレゼント

みんなでダンス。勇気リンリンで身体をほぐしてからクリスマス会の始まりです


お玉リレーをしました。
お玉の数がちょっと足りなくて、ボールを運んでいる子とお玉を運んでいる人と入り混じってのリレーで大笑いでした。

カーニバルで釣り堀もしました
みんなとっても上手につりあげていました。


子どもたちひとりひとりにサンタさんからプレゼントをもらったよ♪

輪投げと釣り堀とストラックアウトの3つをすべて回って、お土産もらいました


サンタさんと記念写真を撮りました。
サンタさんは大人気でしたが、
他のお友達にもプレゼントを
配りに急いで行っちゃいました



 寡婦のふれあい一泊研修
◆平成25年10月26日(土)〜
             27日(日)

◆十勝川温泉
  1日目は六花亭中札内美術村で美術館めぐりをし、北海道遺産にも選定された日本でも珍しい泉質の「植物性モール温泉」を楽しみました。
 2日目はばんえい十勝「とかちむら」十勝ならではの食事とお買い物をたのしみ、競馬場見学をして帰って来ました。

日勝峠は紅葉も終わりかけでしたが北海道の秋を感じてきました。

相原求一朗美術館
北海道の名峰を描いた「北の十名山」と2018年の生誕100年記念展の序章となる作品を見学しました。

北の大地美術館
中札内村出身の版画家・佐藤克教展では独特の世界観に触れてきました。

観月苑のおいしい夕食を食べながら、親交を深めました。

夢想館
彫刻家・板東優氏の、30代・40代の石膏像を見学しました。

モール温泉に入浴して、艶々の一行です。



 平成25年度全国母子寡婦福祉研修大会
◆平成25年10月19日(土)〜
        10月20日(日)

◆群馬県高崎市
  群馬音楽センターホール
 全国の母子寡婦福祉団体関係者による研修大会です。

ぐんまちゃんと一緒に記念撮影



 ひとり親家庭の親子レクバス
◆平成25年9月8日(日)

◆旭山動物園
 今年も、親子で楽しむ「親子レクバス」が行われ、大勢の親子が、「旭山動物園(旭川)」で楽しいひとときを過ごしました。

レッサーパンダは相変わらずの人気者。

キリンのお食事風景。さすがの大きさで迫力あります。

ペンギンさん達は日向ぼっこです。立っているだけで愛らしい。

あざらし館です。穴の中からあざらしをのぞけます。

お土産はどれもこれもかわいくて迷ってしまいます。

お土産たくさん買いました(^^ゞ



 第57回 東北・北海道地区 母子寡婦福祉研修大会
◆平成25年8月31日(土)〜
         9月1日(日)

◆岩手県花巻温泉

 メインテーマ「地域と共生、新たな歩み」
 東北・北海道地区の母子家庭福祉関係者が一堂に会し、情報交換と当面する諸課題について研究討議し、組織の一層の団結と母子寡婦福祉のさらなる向上を図ることを目的として、開催されました。
 札幌からは、18名で参加致しました。

行政説明は厚生労働省 雇用均等・児童家庭局 家庭福祉課 課長より「ひとり親家庭の支援について」のお話でした。

2日目は遠野市長「つなごう人の輪、広げよう地域の輪」の講演がありました。遠野市の後方支援活動に頭の下がる思いでした。

午後からの研修討議で、札幌は東区の成田サチ子さんから「単位会はもうひとつのHOME!」の発表がありました。

宮澤賢治記念館では、詩や童話、教育、農業、科学と多彩な活動を繰り広げた賢治の世界に感動いたしました。

懇親会は、花巻農業高校の生徒さん達による春日龍鹿踊で開始されました。踊りもですが、歌声も素晴らしいものでした。
「願はくはわれ太平洋の橋とならん」の信念のもと、国際人として活躍した新渡戸稲造記念館。
新渡戸稲造の偉大さを改めて知るのでした。



 札幌市母子寡婦福祉大会
◆平成25年8月25日(日)

◆社会福祉総合センター

 テーマ 「地域と共生、新たな歩み」
      − 活かそう自立支援策 目指そう正規雇用 −
     − 母子と寡婦 明日へつなぐ世代の輪 −

 札幌市優良母子家庭等への札幌市長表彰に引き続き、講演、調査報告、研修討議を
 行いました。

 講演  講師 北海道大学 経済学部 教授 中囿桐代氏
 演題  「母子家庭から見た子どもの貧困」 






 親子の夏休みアレンジメント工作会
◆平成25年8月11日(日)

◆母子寡婦福祉総合センター
 親子の「アレンジメント工作」が行われ、親はパラレルアレンジメントフラワー、子どもは壁掛け。 夏休みの自由研究にも出来る素敵な作品が出来ました。



 母子のふれあい一泊研修
◆平成25年7月27日(土)〜
                28日(日)

◆ルスツリゾート

 今年も母子のふれあい一泊研修を「ルスツリゾート」で行いました。
 乗り物乗り放題・プールや温泉などで楽しみました。
 夕食の後もナイター遊園地や花火大会見物など夏休みの良い思い出になりました。













 親子のパソコン講座
◆平成25年7月7日(日)

◆社会福祉総合センター
親子の「パソコン講座」が行われました。



 第16回 ひとり親家庭スポーツ大会
◆平成25年6月30日(日)

◆コミュニティドーム つどーむ

 <プログラム>
 紅白戦 玉入れ・でかパンリレー・花のステージ・ラッキーカラーをさがせ・綱引き
 個人戦 徒競争・ヨーイドン・おやつの時間だよ〜

 白組 中央区・北区・白石区・厚別区・南区
 紅組 東区・豊平区・清田区・西区・手稲区

 今年は、紅組の優勝でした。


玉入れ大会から競技のスタートです。

小さな花に50人も乗りました。
こんなにたくさんの人が乗れるとは予想外でした...

玉入れは大人の方が真剣。


今年はシロッピーが来てくれました。雪だるまさんなので暑いのは苦手のようでした。

初めての競技の花のステージです。

最後のボンバー体操は大いに盛り上がりました。
率先して踊ってくれたお兄ちゃん、ありがとう!!



 奨学金贈呈式
◆平成25年6月26日(水)

◆社会福祉総合センター
 札幌市在住のひとり親家庭の高校生120名に、次の団体から奨学金を贈呈しました。

  (奨学金を贈呈した団体)
   北海道新聞社会福祉振興基金様
   北洋銀行様
   札幌信用金庫社会福祉基金様
   サッポロビール様
   札幌市母子寡婦福祉連合会



 平成25年度 定期総会
◆平成25年5月26日(日)

◆社会福祉総合センター
 
平成25年度 事業・決算・監査報告の後、理事・監事の選任が行われました。
 
新理事の皆さんです。
2年間宜しくお願い致します。
新役員です。



TOPへ戻る