+++topics(各行事の終了報告) 平成24年度           TOPへ戻る     △Eventへ戻る            


 平成25年度 札母連研修会
◆平成25年2月24日(日)

◆社会福祉総合センター

 共感、情報の共有を目指そうと考え、言いたいことが言える、聞きたいことが聞ける、
 そんな場所 提供することで楽しく生きていく力を得る事を目標として開催されました。

 ○午前中は三つの分科会に分かれて討議しました。
 ○午後からは定居昭希先生の健康体操「いつまでも若く美しく!」ストレッチで
   リフレッシュした後、 全体会で分科会の報告がありました。
 

第一分科会:子育てについて


会長挨拶で午後の部の始まりです

第二分科会:
単位会活動について


リラックスタイムでストレッチ体操をしました
しっかりと筋バランスを整えられ、とても心地よい動きでした

第三分科会:年金について


全体会で分科会報告の後、監事山本先生に総評をいたいただきました


 親子の桃の節句「アレンジメントフラワー」
◆平成25年2月23日(土)

◆母子寡婦福祉センター

◆参加者 12名
 親子の桃の節句「アレンジメントフラワー」が行われました。
 桃や菜の花などピンクと黄色をメインに春を感じられる素敵なアレンジメントフラワーが
 出来上がりました。


 新年のつどい
◆平成25年1月17日(木)

◆札幌パークホテル
       地下2階

◆参加者  合計 144名


 行政機関や関係団体を招いて、新年のつどいを開催しました。

上田会長のご挨拶で始まりました


来賓の方にも御挨拶いただきました

しばしご歓談の後、ゲーム大会の始まりです


各テーブルから1人ずつ選出されてじゃんけん大会を開催しました
予選でも気合が入っていました

たたいてかぶってじゃんけんポンでは白熱した戦いが繰り広げられました


最後はビンゴゲームでした
リーチが出てから、なかなかビンゴがでなくてハラハラドキドキでした



 第13回 ひとり親家庭クリスマス会
◆平成24年12月24日(月)

◆社会福祉総合センター
       4階 大研修室

◆参加者  合計 171名


 <プログラム>
  みんなでダンス・バルーンアート&マジック・じゃんけんゲーム・チーム対抗ストラックアウト・
  みんなでうたおう・サンタさんからのプレゼント

マジックを見せてもらいました。
レコードの色が変わったり、
布が傘に変わったり、お花が
出たりで驚きでした。


じゃんけんゲームをやりました。
最後に残った2人にはプレゼントもありました。

ピエロさんにバルーンアートを
教えてもらいました。


子どもたちひとりひとりにサンタさんからプレゼントをもらったよ♪

バルーンでピカチュウを作りました。ちょっと難しかったかな?


サンタさんと記念写真を撮りました。
サンタさんは大人気でしたが、
他のお友達にもプレゼントを
配りに急いで行っちゃいました



 寡婦のふれあい一泊研修
◆平成24年11月10日(土)〜
        11月11日(日)

◆宿泊 ホテルニセコいこいの村

◆参加者 57名(バス2台)
<行程>
1日目 中山峠写真美術館見学
     道の駅(ニセコビュープラザ)
     有島記念館見学

2日目 ニセコ ミルク工房
     きのこ王国
     にしん御殿・青山別邸〜美術館見学
  
2日間とも天候にも恵まれました。
北海道の良き歴史に触れる事が出来た研修旅行となりました。

有島記念館前での集合写真。お天気にも恵まれて、羊蹄山がとてもキレイでした。


ホテル前での集合写真。
温泉入浴で皆様艶々です。

有島武郎の生涯と文学、農場の解放にいたる軌跡を学びました。

にしん御殿で昼食タイム。
窓からは旧青山別邸の全景と海も見られて最高の眺めでした。

夕食で親交を深めました。
あっという間の2時間でした。

旧青山別邸内は残念ながら撮影禁止でしたが、歴史的建造物に指定させているだけあり、是非後世にまで残してほしい建物でした。



 第15回 ひとり親家庭スポーツ大会
◆平成24年9月30日(日)

◆コミュニティドーム つどーむ

 <プログラム>
 紅白戦 玉入れ・大玉ころがし・ラッキーカラーをさがせ・綱引き
 個人戦 名探偵は誰だ?(借人競争)・徒競争・ヨーイドン・おやつの時間だよ〜

 紅組 中央区・北区・東区・豊平区・南区
 白組 白石区・厚別区・西区・清田区・手稲区

 今年は、白組の優勝でした。


今年もたっぴーが来てくれて、一緒にラジオ体操をしました。


たっぴーは大人にも子どもにも大人気でした。

玉入れは大人の方が真剣。


綱引きは白熱した戦いが繰り広げられました。
ちょっと怖かったかも...

大玉がちょっとしぼんじゃって、ころがしづらかったかな。


お煎餅がなかなか食べられず、
悪戦苦闘でした。



 第56回東北・北海道地区 母子寡婦福祉研修大会
◆平成24年9月1日(土)
       〜9月2日(日)

◆山形県天童市

 テーマ 「つなごう人の輪、広げよう地域の輪」
      
第1日目
決議事項処理報告が行われました。

行政説明 厚生労働省 雇用均等・児童家庭局 家庭福祉課
       母子家庭等自立支援推進官 大場寛之氏

第2日目
 講演  講師 山形大学大学院教育実践研究科 准教授 渡部泰山氏
 演題  「希望を生きる糧にして」 



 札幌市母子寡婦福祉大会
◆平成24年8月19日(日)

◆社会福祉総合センター

 テーマ 「つなごう人の輪、広げよう地域の輪」
      − 目指そう!自立 活かそう支援策 −
     − 母子と寡婦 共に育む地域の未来 −

 札幌市優良母子家庭等への札幌市長表彰に引き続き、講演、調査報告、研修討議を
 行いました。

 講演  講師 鹿児島大学保健学科地域看護・看護情報講座 教授 大友優子氏
 演題  「母子世帯の当事者組織によるソーシャルアクションの意義」 

 調査報告 「長時間労働をする母子世帯の母親と子どもたちへの
           影響を軽減するための工夫・知恵と支援方法に関する研究」
             〜公益財団法人トヨタ財団 助成研究結果報告〜
 報告者  長時間労働母子世帯研究会  大友優子氏 鈴木勉氏 大友康博氏



 親子の夏休み「アレンジメント工作」
◆平成24年8月5日(日)

◆母子寡婦福祉センター

◆参加者 12名
 今年も親子の「アレンジメント工作」が行われ、親はアレンジメントフラワー、子どもはミツマタを組み合わせ試験管をつけて花を飾れるようにしました。夏休みの自由研究にも出来る涼しげなタペストリーが出来ました。



 母子のふれあい一泊研修
◆平成24年7月28日(土)〜
        7月29日(日)

◆ルスツリゾート

◆参加者 120名
 大勢の親子が、「ルスツリゾート」で乗り物乗り放題・プールや温泉などで楽しみました。
夕食の後もナイター遊園地や花火大会見物など夏休みの良い思い出になりました。



 ひとり親家庭の親子バスレク
◆平成24年7月1日(日)

◆北海道こどもの国(砂川)

◆参加者 123名
 今年も、親子で楽しむ「親子レクバス」が行われ、大勢の親子が、「北海道こどもの国(砂川)」で楽しいひとときを過ごしました。



 奨学金贈呈式
◆平成24年6月28日(木)

◆社会福祉総合センター
 札幌市在住のひとり親家庭の高校生120名に、次の団体から奨学金を贈呈しました。

  (奨学金を贈呈した団体)
   北海道新聞社会福祉振興基金様
   北洋銀行様
   札幌信用金庫社会福祉基金様
   サッポロビール様
   札幌市母子寡婦福祉連合会



 平成24年度 定期総会
◆平成24年5月20日(日)

◆社会福祉総合センター
 
平成24年度活動目標の採択などを行いました。
 



TOPへ戻る