+++topics(各行事の終了報告) 平成22年度                      △topicsに戻る            


 児童の健全育成講座
     「親子で紡ぐニットの小物」 〜あったかな手作りの心を伝えたい〜
◆平成23年2月27日(日)
◆講師 ニットデザイナー
           大川 寿美江氏
◆参加者23名
 「親子で紡ぐあったか手作りニット」講習会は、初めての編み物に四苦八苦するお母さん、可愛らしいシュシュ(髪飾り)作りに挑戦した子どもたち、限られた時間の中で、編みあがったマフラーを早速身につけ、帰られた方々など、楽しく有意義なひと時を過ごしました。
親子の健全育成講座・お母さんのための教養講座 親子の健全育成講座・お母さんのための教養講座 親子の健全育成講座・お母さんのための教養講座



 札母連研修会
◆平成23年2月26日(土)
◆社会福祉総合センター
◆参加者146名
研修テーマ : つなごう人の輪 広げよう地域の輪

口演     : 落語家「笑生 十八番(しょうせい おはこ)」氏
札母連研修会 札母連研修会 札母連研修会



 第4回 就職準備・離転職セミナー
      「色で変わる!パーソナルカラーで好印象を与える面接講座」
◆平成23年2月10日(木)
◆参加者10名
◆講師
   パーソナルカラーリスト
            外崎 由香 氏 
   (ヒューマンアカデミー札幌校) 
 面接にのぞむ際、第一印象は6秒で決まる、自分の好きな色と似合う色は違うこと等、体験レッスンを通して学びました。

 (参加者の感想)
       ・ とても楽しい雰囲気で受講できました。
       ・ 今後マナー講座なども希望します。
第4回 就職準備・離転職セミナー 第4回 就職準備・離転職セミナー 第4回 就職準備・離転職セミナー



 パソコン実務講習会  「初心者対象のワード・エクセル講習会」
◆平成23年2月2日(水)〜6日(土)
◆参加者20名
◆講師
   札幌ビジネス教育連盟
            谷内 好美 氏
 検定試験を受けるための講座ではなかったのですが、3日間の講習でパソコンのイロハを分かりやすく丁寧に教えていただきました。

 (参加者の感想)
・ 初めて受講しましたが、初心者にも分かりやすく、託児もあったので、安心して受講することができた。
・ 自宅でインターネットは少し使いますが、分からないことが多かったのが少し解決して良かったです。
・ 今後マナー講座なども希望します。



 新年のつどい
◆平成23年1月13日(木)
◆札幌第一ホテル
◆参加者146名
 行政機関や関係団体を招いて、新年の集いを開催しました。 
新年のつどい 新年のつどい 新年のつどい
新年のつどい 新年のつどい 新年のつどい



 ひとり親家庭クリスマス会
◆平成22年12月25日(土)
◆札幌市社会福祉総合センター
◆参加者60世帯 120名
 今年も札幌南ロータリークラブさんが、サンタさんと一諸にプレゼントを持って来て下さいました。

(参加者アンケートから)
 とても素敵な時間を頂きました。ありがとうございました。本物のサンタさんが来てくれてビックリ!楽しかったです。 サンタさんと写真を撮れてよかったです。クリスマス帽子もかわいくていいと思いました。  
クリスマス会 クリスマス会 クリスマス会
クリスマス会 クリスマス会 クリスマス会



 お母さんの教養講座
      花の芸術療法「フラワーハートセラピー」〜花によって心が変わる〜
◆平成22年12月8日(水)
◆参加者21名
◆講師
   (株)ベレーザ 森川 久美子 氏
 色彩心理・アロマテラピー・フラワーアレンジに心理学を統合したという、フラワーハートセラピーで、参加者はそれぞれ花と遊び、語りながら自由に形を作り、花に癒された楽しい時間を過ごしました。
お母さんの教養講座 お母さんの教養講座 お母さんの教養講座



 第1回〜3回 就職準備・離転職セミナー
◆第1回 平成22年10月28日(木)
  (職業興味検査)
      能力開発アドバイザー
              橋本 康史 氏

◆第2回 平成22年11月2日(火)
  (就職活動の実践セミナー)
      キャリアカウンセラー
              佐井 省吾 氏

◆第3回 平成22年11月4日(木)
  (履歴書の書き方)
      能力開発アドバイザー
              橋本 康史 氏
 
(感想)
 ・ 職業についてあらたな発見があり、講義内容が分かりやすかった。
 ・ 履歴書に書く、重要な部分が理解できた。
 ・ 自分で分からなかった性格、表現方法を教えていただき大変勉強になった。
就職準備・離転職セミナー 就職準備・離転職セミナー



 創立60周年記念 全国母子寡婦福祉大会
◆平成22年10月31日(日)
◆「人見記念講堂」昭和女子大学内 
◆参加者10名
 主催者挨拶、厚生労働副大臣小宮山洋子氏等の祝辞、来賓の紹介等があり、厚生労働大臣感謝状が10年以上の母子自立支援員、20年以上の母子寡婦福祉団体職員に贈呈され、札母連から早坂職員が受賞しました。
全国母子寡婦福祉大会 全国母子寡婦福祉大会 全国母子寡婦福祉大会



 離婚・離婚前の養育費相談会
◆平成22年10月30日(土)
◆札幌市社会福祉総合センター
◆参加者42名
 「あきらめないで養育費!」をテーマに、ラベンダー法律事務所 田端綾子弁護士による講演は、パワーポイントを使って分かりやすく、とても勉強になりました。
 続いて、法テラスからは、長野順一弁護士による「民事法律扶助」の説明が行われ、弁護士費用の立替制度など、大変ためになるお話をうかがいました。
 昼食を兼ねた交流会では、参加者同士、役員などと交流が図られ、個別相談会には、13名の方が相談を受けました。
 参加者の皆さんは、養育費は「別れて暮らす親と子を結ぶ親子の絆」を改めて認識しました。
養育費相談会 養育費相談会 養育費相談会



 日本女性会議 2010きょうと
◆平成22年10月1日(金)〜2日(土)
◆国立京都国際会館
◆参加者3,200名
  日本女性会議が京都で開催されました。



 第54回東北・北海道地区母子寡婦福祉研修大会
      「地域から広げよう 母子家庭等への理解と協力」
◆平成22年9月26日(日)                      〜27日(月)
◆札幌市 ロイトン札幌
◆参加者 700名
  (第1日目)
    12:00 開会式
    13:50 前年度決議事項処理報告
    14:20 行政説明
          厚労省雇用均等・児童家庭局家庭福祉課母子家庭等自立支援室長
                                             竹林 悟史 氏
    15:30 研修討議
    18:30 交流会
 (第2日目)
     9:30 講演
         「自立のススメ〜心の鎖を解き放ち、いまを生きる!」
          講師 有限会社ナチュラルハート代表取締役
                             心理・産業カウンセラー 神田 裕子 氏
    11:15 宣言・決議
    11:30 閉会式
東北・北海道地区母子寡婦福祉研修大会 東北・北海道地区母子寡婦福祉研修大会 東北・北海道地区母子寡婦福祉研修大会



 優良母子家庭表彰式
◆平成22年9月12日(日)
◆すみれホテル4F「コスモス」
 日頃、子育・就業に励んでいるお母さんたちの中から、次の方々が優良母子家庭に選ばれ、札幌市長から表彰されました。

 (表彰された方)
    文屋  真由美 さん (中央区)
    森   妙子  さん (北 区)
    武田  典子  さん (東 区)
    竹内  康子  さん (白石区)
    半田  真奈美 さん (清田区)
    増田  なおみ さん (西 区)
    安田  亜記子 さん (手稲区)
優良母子家庭表彰式 優良母子家庭表彰式 優良母子家庭表彰式



 母子と寡婦のふれあい一泊旅行
◆平成22年7月24日(土)・25日(日)
◆登別第一滝本館
      さくらんぼ狩り・ジンギスカン
◆参加者
  母子  120名(51世帯)、
  寡婦   49名 
  合計  169名(バス4台)
 (母子から)
 ・寡婦の方々が母子家庭のことをとても気にかけ、励ましてくれて、楽しくあっという間に終わりました。
 ・寡婦の方と話をする機会ができて、とてもためになりました。
 ・色々なお話が聞けて良かったです。おばあちゃん的な存在も、あたたかい感じで良かったと思います。
 ・普段は出来ない話が出来、参加して良かった。
 ・先輩の(同じ会の方が3人きていた)顔をみたらほっとしました。まわりは知らない人ばかりだったので安心しました。

 (寡婦から)
 ・大家族三世代のようで、今回の企画は母子と寡婦の共通感が生まれ、その中から支え合う気持が育って行くと実感しました。
 ・子ども達に会うと、はらはらしながらもホッとします。子供の成長は早く、こんなに大きくなったと嬉しくなります。
 ・温泉一泊のゆとりの中でお互い理解が深まる良い機会と思う。
 
母子と寡婦のふれあい旅行 母子と寡婦のふれあい旅行 母子と寡婦のふれあい旅行
母子と寡婦のふれあい旅行 母子と寡婦のふれあい旅行 母子と寡婦のふれあい旅行



 ひとり親家庭の親子バスレク
◆平成22年7月11日(日)
◆砂川こどもの国
◆参加者165名(バス4台)
 
 今年も、親子で楽しむ「親子レクバス」が行われ、大勢の親子が、砂川こどもの国で楽しいひとときを過ごしました。
 
親子レクバス 親子レクバス 親子レクバス
親子レクバス 親子レクバス 親子レクバス



 札幌市母子寡婦福祉連合会奨学金贈呈式
◆平成22年6月22日(火)
◆札幌市社会福祉総合センター
 当日母親と共に授業を終えて駆けつけた奨学生のほかに、区母連会長、単位会長など多数出席し奨学金贈呈式が札幌市社会福祉総合センターで行われました。
 来賓の北海道新聞社会福祉振興基金小田島氏、北洋銀行齊藤氏、札幌信用金庫社会福祉基金青柳氏、サッポロビール株式会社大類氏、札幌市子ども未来局橋本局長からそれぞれ祝辞を頂き、『人生で必要なものは、愛と勇気といくらかのお金だ』というチャールズ・チャップリンの言葉や金子みすずの『わたしと小鳥とすずと』の詩を引用した温かい励ましや心強いエールに奨学生達は目を輝かせ真剣に聞き入っていました。

 北海道新聞社会福祉振興基金奨学金 42名
 北洋銀行奨学金              25名
 札幌信用金庫社会福祉基金奨学金  25名
 札幌市母子寡婦福祉連合会奨学金  23名
奨学金贈呈式 奨学金贈呈式 奨学金贈呈式



      
 平成22年度 定期総会
◆平成22年5月18日(火)
◆社会福祉総合センター

 平成22年度活動目標の採択などを行いました。
 



TOPへ戻る