沿革
昭和29年4月 札幌市母子くらしの会として発足
昭和34年 札幌市母子福祉連合会結成
昭和45年2月 社団法人許可
昭和46年11月 札幌市役所本庁舎清掃業務受託
昭和51年10月 母子家庭介護人派遣事業受託開始
昭和52年7月 奨学基金造成夏まつりビール券頒布事業開始
昭和54年9月 札幌市中央卸売市場2売店営業開始
昭和56年6月 奨学金給付事業開始
昭和59年4月 社団法人 札幌市母子寡婦福祉連合会と改称
社団法人 北海道母子寡婦福祉連合会から分離独立
昭和59年7月 札幌市里塚斎場清掃業務及び給茶業務受託
札幌市里塚斎場売店・喫茶営業
平成元年6月 札幌市母子寡婦福祉センター(相談事業を含む)を受託
平成12年12月 無料職業紹介事業開始
平成15年10月 札幌市母子家庭等就業支援センター事業を受託
平成16年8月 札母連創立50周年記念大会開催
平成17年12月 札幌市母子自立支援プログラム事業受託
平成18年3月 札幌市中央卸売市場新青果棟売店オープン(旧2売店廃止)
平成18年4月
札幌市母子寡婦福祉センター及び
母子生活支援施設札幌市しらぎく荘指定管理者
平成18年10月 全国母子寡婦福祉研修大会開催
平成19年3月 札幌市里塚斎場改修工事のため一時休止
平成21年4月 札幌市里塚斎場再開
  平成25年4月 公益社団法人 札幌市母子寡婦福祉連合会へ移行

戻る